U29就職マッチング支援事業

掲載情報は週1回更新予定です
お問い合わせ

「モノづくりのためのIT」をはじめ多彩な分野で求められる技術を提供

ファクトリーオートメーションを推進する
高度な制御システムを開発

プログラマやシステムエンジニアというと、どんな仕事をイメージするでしょうか。
身近なWebサービスやアプリケーションの開発をイメージする人は多いかもしれませんが、それだけではありません。たとえば、今あなたの目の前にあるパソコンやスマートフォンを製造するための、生産システムの開発を行うプログラマやシステムエンジニアもいます。

マイクロテクノ株式会社は、工場などで機械やロボットなどの動きをコントロールする制御システムの開発を数多く手がけてきた会社です。
今回は、マイクロテクノの東京支社の立ち上げに携わり、今も営業やマネジメントなどを行っている、取締役の稲垣亮さんにお話をお聞きました。

取締役 稲垣 亮さん

マイクロテクノは昭和57年、静岡県三島市で設立されました。設立から35年、IT業界の中で常に顧客に求められる技術を提供し続けてきたことには、ある理由があるからだと言います。

「マイクロテクノの代表的な技術は、メカトロニクス。主に、ファクトリーオートメーション(工場自動化)のために機械を制御するシステム開発を行い、今に至っています。これが他のIT企業とは大きく異なる部分ですね」

制御システムを手がけた分野は、液晶ディスプレイやプラズマディスプレイなどの製造装置向け制御システムや、ビールやウイスキーなどの醸造工程向け制御システム、製紙工場の検品システムなど、ここでは紹介しきれないほど多彩です。
マイクロテクノでは、ソフトウエアだけでなく、ミドルウエアからハードウエアまで、幅広い技術を通してファクトリーオートメーションをバックアップしてきたと言います。

「私たちの仕事を一言でいうと、『モノづくりのためのIT』ですね」

今では制御システムだけでなく、オープン系、組込み系、Web系(フロントエンド、バックエンド)、汎用系など、さまざまな分野のシステム開発を手がけています。

マイクロテクノのオフィス風景

静岡から東京に進出したことで
より幅広い業界・領域へ

マイクロテクノが本社のある静岡県から東京に進出したのは、平成25年のこと。
システム開発会社は日本中にたくさんあるものの、マイクロテクノのように制御システム開発のノウハウを持っている会社は多くありません。そのため、東京の企業が静岡本社にシステム開発を依頼するケースも多かったと稲垣さんは言います。

「お客様は、東京に進出する前から地元の企業より関東の企業の方が多かったですね。でも、地理的に離れているため、こちらから積極的に営業することは難しかったんです」

関東圏での業務を拡大させるため、新宿に事業所を開設。平成27年から本格的に関東圏での営業をスタートさせました。

「東京に進出したことで、事業の幅が大きく広がりましたね。誰もが知っている大手企業からの発注が増えたのは、大きなメリットだと思っています」

稲垣さんインタビューショット

東京進出の成功を稲垣さんは笑顔で話しますが、そこにたどり着くまでには、いろいろな苦労もあったのだとか。その一つがお客様の工場で行われている製造工程を知ること。

「製造工程を知らないと、お客様に提案することはできません。ビールを醸造する流れや、半導体の製造工程など、一から勉強しなければならないことも多く、それには苦労しましたね」

また、半導体やディスプレイなど、精密さを求められる製品を製造するためには、よりシビアな制御が求められます。たとえば、スマートフォンなどに使われる有機ELディスプレイの製造など、真空状態で行う作業の制御は難しいと言います。

「素材を空気があるスペースから真空のスペースへ移動させるにあたり、移動させるロボットの動きと、スペースを密閉する扉の動きの連動が必要です」

進化し続ける製造の現場のニーズに、どのように対応しているのでしょうか。

「技術者が経験から学んできたことを、エビデンスというカタチで残し、継承しています」

経験から学んだ高度な技術を継承しつつ、さらに高度な技術へと高めていく。それがマイクロテクノが多くの企業から評価されている理由なのでしょう。

マイクロテクノ本社の会社ロゴ

幅広いシステム開発分野の中から
自分を活かせる分野を見つける

マイクロテクノで働く魅力は、その業務の「幅広さ」にあると稲垣さんは言います。製造に関わる制御システム開発だけでなく、幅広いシステムの開発を行っているため、自分のやりたいことや自分のスキルが活かせる分野を見つけることができるのだとか。
たとえば、今までは組み込みソフトウエアの開発に関わってきたけれど、存分に力を発揮できなかった人が、工場の制御システムの開発に参加し、活躍したケースもあるそうです。

「一つのプロジェクトで失敗してしまった人が、次に担当した違う分野のプロジェクトでは成功したケースもあります。新しいことにトライすることで、自分がやりたかったことや得意なことを発見し、イキイキと仕事していくことができるのです」

いろいろなことにトライできる、自分の専門分野が活かせることが、マイクロテクノの大きな魅力の一つなのでしょう。

マイクロテクノのオフィス風景

稲垣さんに、今後マイクロテクノがめざすことを聞いてみました。

「マイクロテクノの強みである『モノづくりのIT』技術を高めながら、さらに業界の幅を広げていきたいと思っています。また、今は業務を通して技術力を向上させていますが、これからは自社独自での技術研究にも取り組んでいきたいと思っています」

今の技術に満足していては、新しい技術が出てきた時に対応できない。だからより高度な、より多様な技術を追求していきたいと稲垣さんは言います。

「そのために、さまざまなスキルを持った人・いろいろな国の人と一緒に働きたいと思っています。それによって、新しい技術や知識が入ってきますし、会社ももっと面白くなると思うんです」

笑顔のヴォ・ニコラさん

フランスから日本に移住。日本でも
自分の専門が活かせる仕事がしたかった

マイクロテクノで働くプログラマの一人、ヴォ・ニコラさんは、フランス生まれ、フランス育ち。2年前に来日し、4カ月前からマイクロテクノで働いています。入社するまでのプロセスや、今どんな仕事をしているのかについて、詳しくお聞きました。

ヴォ・ニコラさんインタビューショット

フランスで約10年、鉄道信号機と鉄道変電所の制御システム開発の仕事をしていたニコラさん。どうして日本に移住しようと思ったのでしょうか。

「妻が日本人だったということもありますが、それよりも私自身、日本で働きたいと思ったのです。日本人は真面目というイメージがあり、そこで仕事をすることが魅力的でした」

日本で仕事がしたいと思っても、生まれ育ったフランスと言葉も文化も違う日本で働くことに不安もあったそうです。

「家族もいますから、もちろん心配はありました。でもチャレンジしたいと思ったんです」

フランスの大学で1年間、日本語や日本の文化、マネジメントなどを学んだ後、日本へ。さらに日本の大学で半年学んだ後、インターンシップを経験。

「インターンシップ先の建設会社では、住宅の建築現場にも行きました。フランスでは石を使いますが、日本では木を使っているのが、とてもおもしろかったですね(笑)」

転職ナビサイトでマイクロテクノの求人を見つけて応募。就職先探しの時に重視したのは、仕事の内容だったと言います。

「制御システムの開発は私の専門分野だったので、フランスでのキャリアを活かせることが魅力でした。また、面接でオープンな会社だと感じたこともマイクロテクノに入社した理由の一つです」

業務中

難しい問題を解決するという
チャレンジが日々あるという楽しさ

ニコラさんは今、フラットパネルディスプレイ製造装置の制御システム開発を担当しています。主な仕事は、すでにあるシステムに機能を追加すること。そのためには、実際の機械の操作をイメージすることが必要です。

「まだ動作がよく分からないので、聞きながら作業を進めています。何を聞いても親切に答えてくれるのは、日本で仕事を始めたばかりの私にとって、とてもありがたいことです」

制御システムの開発には国際的な規格があるため、フランスと日本の違いはないけれど、ビジネスの進め方の違いを少しずつ感じていると言うニコラさん。慣れないことにとまどいを感じることがある反面、楽しいと思うこともあるのだとか。その楽しみの一つが、上司や同僚との食事。

「フランスでは仕事が終わった後、一緒に食事やお酒を楽しむことはなかったですね。お酒を飲むと話しやすくなりますし、仕事の上でのコミュニケーションにも役立ちます。食事も美味しいし、とても楽しい時間です」

同僚からの質問に応える

ニコラさんに制御システム開発の魅力について聞くと、「難しいこと」という意外な答えが返ってきました。

「動作が難しい装置を制御する時は、いつも何か問題が起きます。それを解決するために考えることは小さなチャレンジですし、それが楽しいです」

今後はシステム開発だけでなく、プロジェクトや若いプログラマのマネジメントにも携わっていきたいというニコラさん。「そのためには、日本語をもっと勉強しないと」と笑顔で言います。

「日本では会社から就職先を探しますが、フランスでは自分の専門分野が活かせる仕事を探します。だから就職先を探す時は、どんな仕事をするのかを知り、自分がしたいことを会社に素直に伝えることが大切だと思います」

日本に移住するという大きなチャレンジも、日々の業務の中でぶつかる壁を乗り越えるための小さなチャレンジも楽しいというニコラさん。今の生活を楽しめるのは、やりたい仕事に出会えたからなのでしょう。
ニコラさんの言葉から、会社ではなく自分のやりたいことで仕事を選ぶことの大切さを実感しました。

ヴォ・ニコラさん

募集要項
社名 マイクロテクノ株式会社
住所 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE 6F
募集職種 (1)PLCソフトウェア開発エンジニア
(2)システムエンジニア/プログラマー
(3)メカ設計/電気回路設計
採用対象 新卒(2018年3月卒) / 既卒・中途
雇用形態 正社員
給与 月給23万円~50万円(手当含まず)
※能力・経験等を考慮の上、当社規定により優遇いたします。
※みなし残業ゼロ!実務における残業代を「100%」支給いたします。
【年収モデル】
年収462万円/24歳・経験2年
年収561万円/33歳・経験11年
年収807万円/43歳・経験21年
福利厚生 <昇給・賞与>
昇給/年1回、賞与/年2回
<手当>
交通費全額支給、住宅手当、家族手当、資格手当、役職手当、営業業務手当、残業手当、技術調整手当
<福利厚生>
各種社会保険完備(雇用保険・健康保険・厚生年金保険・労災保険)、社員研修制度、資格取得助成制度、育児支援制度、退職金制度
仕事内容 (1)ラダーロジック、SFC、ST言語によるPLCソフト開発をお任せいたします。
(2)業務アプリケーション、Webアプリケーション、組込みソフトウェア等の企画・設計・開発・運用保守をお任せいたします。
(3)AutoCAD、iCAD SX等を使用したメカ設計開発業務/自動制御機器や搬送機械の電気回路設計をお任せいたします。

<主な実績>
醸造(ビール・ウィスキー)プラントの工程自動化
有機EL製造装置の回路設計・メカ設計
ターミナルデバイス開発
スマートフォン開発および英語翻訳業務
各種プラントにおける生産管理および入出庫管理

勤務地 新宿区内(東京支社、プロジェクトによっては一時的にクライアント先で勤務)
※希望に応じます。
勤務時間 9:00~18:00(休憩時間12:00~13:00)
※プロジェクトに応じて勤務時間は変動します。
休日休暇 完全週休2日制
祝日
夏季休暇
年末年始休暇
有給休暇
慶弔休暇
応募資格 学歴不問、未経験から経験者まで幅広く募集中
ソフトウェア開発で実務経験がある方は歓迎!

開発言語:Java、C、C++、C#、VB、PHP、Ruby、ラダー、SFC、ST言語など

求める人材像 会社として技術力には自信がありますが、だからといってキャリアの浅い方を求めていないわけではありません。実際に、ほぼ未経験で入社した方でも、取引先から高い評価を得ている事例があります。
大切なのは向上心、そして諦めない気持ち。それさえあれば、技術スキルは入社してからでも遅くはないと思っています。
採用予定人数 (1)数名
(2)数名
(3)数名
選考プロセス まずは下記よりご応募・お問合せください

書類選考

面接(プログラマー適正検査あり)

採用(試用期間3カ月あり)

・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

その他 あわせてこちらもご覧ください。
当社ホームページ

ご応募・お問い合わせ
下記フォームからお願いいたします。

マイクロテクノ株式会社へ 応募・問い合わせをする。

必ずお読みください

  • エントリーいただきますと、確認のメールを自動で返信いたします。
    返信がなければメールアドレスに誤りのある可能性がありますので、あらためてエントリーしてください。
  • 自動返信メール及び各企業のご担当者さまからのメールが確実に届きますよう、ご登録のメールアドレスはPCアドレスをご利用ください。
  • 取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。


お名前(必須)
ふりがな(必須)
メールアドレス(必須)

※携帯メールでのお問い合わせの場合、こちらからご返信してもメールが届かないことがあります。パソコンのメールアドレスをご入力ください。

電話番号(必須)
住所(必須)
希望職種
自己紹介、応募理由、質問など

※確認画面はありませんので、送信内容を再度、ご確認の上、下記送信ボタンを押してください。

ページトップ