U29就職マッチング支援事業

掲載情報は週1回更新予定です
お問い合わせ

印刷を核にしたフルサービスに挑む!

ただの印刷会社ではない。
お客様の面倒くさいを引き受ける会社

再開発で高層マンションやオフィスビルの建設が進む西新宿。一方で、昭和からの歩みを刻んできた街並みもそのまま残る。そんな街の一角にある4階建ての建物が、「水上印刷株式会社」の本社です。

あいにく取材当日は強い雨。街全体が灰色に見える一日でした。
ところが、水上印刷の本社ビルに一歩足を踏み入れると……、明るい! 白を基調とした壁やドアに大胆にペイントされた、ブルー、イエロー、ピンクなどのポップな色。さらに白抜きされた英語のメッセージに、遊びゴコロも感じられます。

水上印刷の本社外観と社内風景

いきなり目を楽しませてくれた水上印刷とは、どんな会社なのでしょうか?
総務部の山口晃司さんに話を聞きました。

「創業は1946年。始まりは、社員10名ほど、輪転機の音が響く小さな印刷会社です。それから70年。現在では、生産拠点の『多摩工場』、制作部がある『クリエイティブ・ラボ』など事業所も増えています」

手がける製品は、コンビニやレストランの店頭を飾るPOPやポスター、あるいは医薬品など様々な商品のパッケージ、カタログ、パンフレットなど。誰もがどこかで目にしているものばかり。しかし、山口さんの口から意外な言葉が飛び出しました。

総務部 山口晃司さん

「実は、『水上印刷さんって、印刷会社じゃないですよね』と言われることがあるんです」

たった今、印刷物の製品を紹介したばかり。それなのに印刷会社じゃないとは、いったいどういうこと?

「仕事の核になる部分は印刷ですが、それは事業の一部分。あとの部分は何かというと、水上印刷に任せていただければ、マーケティングからデザイン、印刷、パッケージ、配送、すべてのプロセスを請け負う。そういうフルサービスを提供し、高い評価をいただいています」

たとえば、パッケージの箱を作って納品するだけでなく、箱の中身を預かり、詰めて完成させるところも引き受ける。あるいは、全国展開のコンビニで使うPOP類なら、本社に一括して納品するのではなく、水上印刷から各店舗にダイレクトに送る。しかも、店舗のニーズに合わせて必要なものを必要な分だけ送るのだと言います。

しかし、大手コンビニチェーンともなると、全国1万店以上。時には発送が何千パターンにもなる。そこまできめ細かく対応するのは大変なことだと思います。

「まさに大変だからこそのサービスです。お客様にとっては負担が減り、さらに過不足なく送ることでコスト削減にもつながります。水上印刷は、『お客様の“面倒くさい”をすべて引き受ける会社』なのです」

印刷だけの会社だと思ったら大間違い。ものづくりとサービスを融合させ、お客様の満足と感動を生む。それが水上印刷のめざす方向だと、山口さんは力強く話してくれました。

「日本一勉強する会社」をめざそう

取材中、印象的だったのは、すれ違う社員の方たちの「こんにちはー!」の一言。
エントランスでも、廊下でも、みなさんとても元気な声で挨拶してくださいました。

そこで山口さんに、あらためて水上印刷の人材への思いを聞きました。

「水上印刷にとって人は武器であり、財産であり、会社として一番大事にしているものです」

こだわっているのは、人づくり。そのために「日本一勉強する会社」をめざしているとか。成長のためのチャンスや場所はどんどん提供。年次や役職別の研修はもちろん、最新の知識やノウハウを学ぶための社内研修も活発に行っています。

「大事なのは、自ら学ぶこと。社外研修への参加も大歓迎。会社としても積極的にサポートしていきます」

プレゼンテーションルーム

人づくりというのは、単純に研修をしてスキルを磨くだけではないと言います。

「会社に来たら、仲間がいて、楽しく仕事ができる。もちろん仕事なので、つらいことも厳しいこともあります。その中でも『働きたい会社』になることが重要だと思っています」

だから、水上印刷では社内コミュニケーションを重視。たとえば全員参加の社員旅行。隔年でハワイに行っているのだとか。様々な部活動もあり、それぞれ熱心に活動しています。他にも、コミュニケーションを目的とした社員同士の飲み会費用を会社が負担する「飲み二ケーション」も。

「こうした活動のおかげで、仕事でも話しやすくなった、報告しやすくなったという声も聞きます」

この社風が、社員の明るい「こんにちはー!」につながっているのだと感じました。

ロゴの前で微笑む山口さん

デザインをやりたい!
クリエイティブチームの立ち上げへ

では実際に、社員のみなさんはどのような仕事をしているのでしょうか?
まずは、クリエイティブ部門の方に話を聞こうと、本社から歩いて3分ほどの高層オフィスビルへ。3階フロアに、制作部が入る『クリエイティブ・ラボ』があります。

クリエイティブラボのロゴ

そこで、入社8年目、クリエイティブチームのチーフを務める鈴木宏彰さんに話を聞きました。

クリエイティブチーム 鈴木宏彰さん

鈴木さんは、DTPオペレーターとして入社。そして3年目に、たった一人でクリエイティブチームを立ち上げました。それは何故なんでしょうか?

「デザインをやりたい気持ちがむくむくとわいてきて。でも当時は会社にその機能がなかったんです。新宿という土地柄、近くにデザイン会社がたくさんあり、あえて社内に作る必要がないと考えられていたんですね」

しかし、お客様のニーズに対応していくためには、社内にもクリエイティブチームが必要だという声があがり始めます。そのタイミングに、鈴木さんが「やりたい」と自ら手を挙げました。

手を挙げたものの、「チームひとり」状態。そこで鈴木さんは同期の営業に頼み、顧客のところへ同行させてもらうことからスタートしました。そうするうちに、「あ、鈴木、デザインできるんだ。じゃあ、頼むよ」と徐々に周知されていき、2年後、ようやく正式なチームへとステップアップしたといいます。

バックの模型を組み立てて確認する鈴木さん

デザイナーとして最初に手がけたのは、どんな仕事だったか覚えていますか?

「小さなA4サイズのチラシ制作でした。最初はお客様からの修正がたくさん入り、戻ってきたときは、真っ赤(笑)。教わる先輩がいなかったので、とにかく一人で試行錯誤するしかない。少しずつお客様の好みを理解し、1年経った頃には、すんなりOKがもらえるようになりました」

現在、担当している仕事は、店頭促進POP、商品パッケージ、カタログ、パンフレットなどのデザイン。定期的に受注している案件のほか、プロジェクトとして一から作り上げるものも。

「細かな案件は一人が担当しますが、大きなプロジェクトはユニットを組んで行います。チームのメンバーとブレストしながら作り上げていく作業も、楽しい時間です」

現在のクリエイティブチームは10名。「部下と外部のデザイナーをディレクションする立場になり、自分でデザインすることが少なくなった」と鈴木さんはちょっぴり淋しそう。

キャンペーンのクリエイティブについてブレスト中

制作物を手にとってくれた人の
笑顔や「ありがとう」がやりがい

自分が手がけたもので、一番印象に残っているものはありますか?

「ミュージカル劇団の仕事で、記念日に来場すると、オリジナル台紙とスタンプ付記念写真をプレゼントという企画があり、私がそのスタンプを制作したんです。評判が気になり、妻の誕生日に2人で見に行きました」

すると、写真撮影に長い行列ができ、撮ってもらった人が「素敵だね」「思い出になるね」とうれしそうに話していたと言う。

「作ったデザインを、依頼したお客様が喜んでくれたらうれしい。もっとうれしいのは、知らない誰かの人生に触れられる瞬間。自分が手がけたものが思い出の品となって、部屋の片隅に飾ってもらえるのかな、と想像できる瞬間ですね。それはもう、格別の喜びです」

水上印刷が手がけた作品の一例

お客様になかなか納得していただけず、凹むことはありますか?

「もちろんあります。『ダメダメ、こんなんじゃ。やりなおし!』と突き返されることも。でも、そこでシュンとしては、歩みが止まってしまう。大切なのは、早く立ち上がって、次にどういうものを作るかです」

スピードが求められる側面もある一方で、「やっぱりデザイナーは職人」だと鈴木さんは言います。

「我が強すぎてもいけないけれど、自分が納得できるところまで作り込みたい、こういうものを世に出したい、という意志が強い人のほうが、立ち直りも早い。デザイナーには向いていると思います」

クリエイティブチームはまだ発展途上だと言う鈴木さん。めざすのは、クライアントが求めるスピードにも応えつつ、デザインとしての価値を提供し、ブランド化を実現できるチームづくり。それには、もっと各クライアントを理解し、企画提案力を伸ばすことが課題だと感じているようです。

「組織も大きくして30人規模にしたいですね。早く課に昇格させて、課長になりたい!」と鈴木さんは笑顔で締めくくってくれました。

作品の前にいる鈴木さん

ITで会社を変える、ITを変える。
とことん新しいことをやる部です

次は、ICT革新部に注目。どんなことをする部署なのでしょうか?
ICT革新部次長の遠藤拓哉さんに聞いてみました。

ICT革新部次長 遠藤拓哉さん

「もともとはシステム開発課という名前でした。しかし、せっかくなら革新的なこと、とことん新しいことをやろう、ということで『ICT革新部』という名前に。名付け親は、河合社長。部門長である私は、その組織を大きくする役割。だから育ての親になろうと思っています」

もちろん名前が変わっただけではありません。取り組み方がガラリと変わりました。
これまでのシステム開発課は、「こんなシステムがほしい」というオーダーどおりにシステムを作るのが仕事。どうしても受け身で終わってしまいます。それに対して、ICT革新部は、お客様の利便性向上や現場サポートのために、どうシステムを整備すればよいかを積極的に考え、様々な付加価値を提案していくのです。

「めざしているのは、『ITを使って会社を変える』『ITそのものを変える』ということです」

プレゼンテーション中の遠藤さん

ICT革新部の業務を行ううえで、大事にしていることは何でしょうか?

「足を運ぶということです」と遠藤さん。

「実際に使うのは現場の人たち。現場の人が困っていることは何?って聞きにいかなきゃ始まらない。そうしないと、アイデアなんて絶対に出ないと思っています」

現場の人は「ICTって何してくれるの?」という期待を持ってくれているはず。だから直接行って話をし、現場のことを理解しようとすることが大事だと遠藤さんは強調します。

しかし、今のままで構わないと考える人がいてもおかしくない。すべての人がITに理解を示してくれるとは限らないのでは? そんなとき遠藤さんはどうしているのだろうか?

「相手が現場の社員なのか、マネージャーなのか、営業なのか、制作なのか、経理なのか、それぞれに響くメッセージの伝え方を用意する必要がありますね。そのうえで、実際のスケジュール、費用、費用対効果をセットで知ってもらうための伝え方を工夫しています。でも肝心なところは、基本的に接近戦。1対1で話を聞きに行き、いきなり相手の懐に飛び込んじゃいます(笑)」

自分の限界+αにチャレンジしよう

IT革新部には現在、外部委託も含めて部下が9人。20代の社員もいる。
そこで遠藤さんに、若手を伸ばすために心がけていることを尋ねました。

電話にて打ち合わせ中の遠藤さん

「本人が決断する場面を多くしたい。指示待ち・常に相談ではなく、本人が考え、自分で道筋を示すように促しています。自立した人たちに集まってほしいという期待が大きい分、ちょっとハードルも高いかもしれない。みんな、無茶ぶりが多いぞって感じているのかな(笑)」

筋肉は少し負荷を掛けて、疲れて回復するからこそ発達する。仕事も同じ、と遠藤さん。

「自分の限界+αに、どれくらいチャレンジするかということが大事。自分の努力に、まわりの支援、上司のアドバイスが加味すれば、高いハードルだって恐くない。ただ、そうはいっても、高いハードルばかりでは大変(笑)。だから、ときどき本人の力の範囲でできることも用意して、そこで成功体験や達成感を積み重ねていってほしいと思っています」

遠藤さんのインタビューショット

漫画『NARUTO -ナルト-』って知ってますか?
突然、遠藤さんの口から漫画の話が出てとまどっていると、自立、高いハードルへのチャレンジを求める背景を漫画にからめて話してくれました。

「登場人物達が、任務に従ってそれぞれの持ち場を守る。自分の仕事は徹底してやりきる責任感。そして、どうしても困ったときには、まわりがさりげなくサポートしていく。そのスマートさがいいんです(笑)。こんな風に、誰かに依存せず、一人ひとりが自立してほしいと考えています」

漫画の主人公達に重ねて、若い社員の育成について語ってくれた遠藤さん。お茶目な一面を垣間見ることができました。

社員一人ひとりが熱い思いでチャレンジし続ける水上印刷。印刷メディアという黒子に徹する限り、水上印刷の名前を直接目にする機会は少ないでしょう。でも、今後も私たちが何気なく目にする情報やグッズの背景では、きっと水上印刷のサービスが活躍しているに違いありません。

募集要項
社名 水上印刷株式会社
住所 東京都新宿区西新宿5-14-3
募集職種 (1)クリエイティブ職
(2)システムエンジニア職
採用対象 新卒(2018年3月卒) / 既卒・中途
雇用形態 正社員
給与 (1)クリエイティブ職
一般職:月給23万3000円~36万0000円(基本給+見込み残業手当40時間)
管理職:月給40万0000円~70万0000円(基本給+一律役職手当)
※一般職の見込み残業手当40時間としていますが、残業手当は超えた分も全額支給します。

(2)システムエンジニア職
一般職:月給26万4000円~38万9000円(基本給+一律業務手当)
管理職:月給40万0000円~70万0000円(基本給+一律役職手当)

福利厚生 ◆各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
◆厚生年金基金
◆退職金制度
◆財形貯蓄
◆資格取得制度
◆社員旅行
◆クラブ活動/野球、ゴルフ、サッカー、バスケ
◆ヘルスアッププログラム(年1回の健康診断)
◆スリークオーター制度・フィックスタイム制度
※育児や介護と、仕事との両立を支援する制度です。
仕事内容 (1)クリエイティブ職
販売促進ツールの企画・デザイン・形態設計・試作制作をトータルに手掛けます。
【具体的には…】
○営業担当と同行し、クライアントへのヒアリング
○キーコンセプト、全体企画の考案
○デザイン案の制作、形態の設計・試作制作
○社外デザイナーに発注した場合の品質・進行管理
デザイン・クリエイティブに関わる一連の工程に関わり、自身で提案・制作まで落とし込みます。Adobe InDesign、Illustrator、Photoshopのスキルは必須です。
【メディアは…】
店頭POP、店頭ディスプレイ、商品パッケージ、DM、ポスター、チラシ、カタログ、パンフレット、フライヤー、飲食店メニュー、ノベルティ、WEBなど販促物全般。

(2)システムエンジニア職
お客様と弊社とをつなぐプロセスの効率化を目的としたシステム開発をお任せします!
【★具体的には】
○クライアントや社内関係者へのヒアリングと仕様設計
○それぞれの業務における指示書や帳票に関する自動処理プログラムの開発
○運用開始後のマニュアル作成とメンテナンス
例:大手コンビニ向け配送システム事例
お客様の本部から送られてくる膨大な依頼書を自動処理し、弊社ロジスティクスセンターへの店舗配送指示書を自動生成するプログラム開発
【★仕事の特徴】
当社のお客様は、小売流通、外食、メーカー、出版と多種多様!
いずれもその業界上位の企業であり、それぞれのお客様、業務に最適なプログラム開発を行っています。
お客様からExcelファイルでの依頼が多いことから、現状ではVBAによるプログラミングがメインですが、あなたのスキルによっては、WEBプログラミングや得意な言語環境での開発をお任せいたします。

勤務地 (1)クリエイティブ職 〒163-8012 東京都新宿区西新宿6-21-1 アイタウン・プラザ305
(2)システムエンジニア職 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-14-3
勤務時間 8:30~17:30(実働時間8時間・休憩1時間)
休日休暇 ★年間休日118日
◆完全週休2日制(土日)
◆祝日
◆年次有給休暇
◆特別有給休暇(結婚休暇・忌引休暇・災害休暇)
◆産前産後休暇
◆生理休暇
◆配偶者出産休暇
◆育児休暇
◆介護休暇
◆年末年始休暇
応募資格 特になし
求める人材像 (1)クリエイティブ職
【必須条件】
◎クリエイティブ領域での実務経験をお持ちの方(年数・業界不問)
◎Adobe InDesign、Illustrator、Photoshopのスキルをお持ちの方
【プラスして歓迎するスキル・経験】
○2Dだけでなく、CADなど3Dの業務経験
○WEBなど紙以外のデザイン業務経験
※あなたのスキルに応じて最適な仕事をお任せいたします!
【こんな方を歓迎します】
☆クリエイティブに考えることが好きな方
☆ものづくりがとにかく好きな方
☆自ら積極的に学び・向上する姿勢を持つ方
☆円滑な連携を生み出すためのコミュニケーションが図れる方
☆知識や技術向上に意欲的取り組める方

(2)システムエンジニア職
【必須条件】
◎プログラマーやSEとしての実務経験をお持ちの方(年数・業界は不問)
【歓迎するスキル・経験】
○VBAでのプログラミングスキル
○オブジェクト指向言語でのプログラミング経験
○SQLを用いたデータベースシステムの開発経験
○MS.Office(Access、Excelなど)
★現状ではVBAによるプログラミングがメインですが、あなたのスキルによっては、WEBプログラミングやあなたの得意な言語環境での開発をお任せいたします。
【こんな方を歓迎します】
☆自ら積極的に学び、向上する姿勢を持つ方
☆円滑な連携を生み出すためのコミュニケーションが図れる方
☆新しいことに積極的に挑戦し、行動できる方

採用予定人数 (1)クリエイティブ職/1名
(2)システムエンジニア職/1名
選考プロセス 【一次面接】
書類選考を通過された方に面接を実施いたします。
今後の展望や意欲など、あなた自身を存分にアピールしてください。

【二次面接】
一次面接を通過された方には、二次面接を行います

【最終面接】

【内 定】
応募から内定まで約3週間を予定しています。
入社日はご相談に応じます。
その他 あわせてこちらもご覧ください。
当社ホームページ

ご応募・お問い合わせ
下記フォームからお願いいたします。

水上印刷株式会社へ 応募・問い合わせをする。

必ずお読みください

  • エントリーいただきますと、確認のメールを自動で返信いたします。
    返信がなければメールアドレスに誤りのある可能性がありますので、あらためてエントリーしてください。
  • 自動返信メール及び各企業のご担当者さまからのメールが確実に届きますよう、ご登録のメールアドレスはPCアドレスをご利用ください。
  • 取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。


お名前(必須)
ふりがな(必須)
メールアドレス(必須)

※携帯メールでのお問い合わせの場合、こちらからご返信してもメールが届かないことがあります。パソコンのメールアドレスをご入力ください。

電話番号(必須)
住所(必須)
希望職種
自己紹介、応募理由、質問など

※確認画面はありませんので、送信内容を再度、ご確認の上、下記送信ボタンを押してください。

ページトップ