U29中小企業de働く魅力発見事業

お問い合わせ

文系出身の強みを活かして
IT業界で活躍する!

新宿区U29しごと図鑑で
就職した若者を追跡取材しました。

コミュニケーション力や書類作成…。
今SE業界で求められる、文系のチカラ

三戸部 弘晃さん
株式会社RayArc
公共システム本部 官公システム部

本人曰く「大学が好きすぎて」早稲田大学に8年間在籍。2018年3月の卒業後は塾講師などのアルバイト生活を送る。そんなとき、新宿区U29しごと図鑑主催の合同企業面談会を知り参加。そこで興味を持ったのが、システム開発を行う株式会社RayArcだった。面接の後に採用決定となり、2018年9月に入社。研修を終えた現在は、文系出身ながらシステムエンジニアとして、システム管理を中心に担当している。

文系出身者もしっかりサポート
その安心感が決め手でした

主に製品組込系やインフラ系のシステム開発を手がけている株式会社RayArc。文系出身で、在学中の就職活動ではなかなか希望の会社に巡り会えなかった三戸部さんが、どのようにしてRayArcと出会い、入社を決めたのかを伺いました。

三戸部さんは文系出身と聞いたのですが…。
大学では主に歴史について学んでいました。そうした学びを活かせる仕事として、学生時代は出版・編集業界を中心に就活を行いましたが、なかなか採用までは至りませんでした。
卒業後に参加した新宿区の合同企業面談会で、RayArcのことを知ったわけですね。
以前からシステムエンジニアは、理系以外の人材も採用していると聞いていたので、興味を持っていました。RayArcも参加すると分かっていたので、事前に『新宿区U29しごと図鑑』に掲載された記事も読んでイベントに臨みました。
RayArcの、どんなところに惹かれて入社を決めたんですか?
「文系出身の社員も多いので、それに合わせた教育やサポート環境を整えています」と言われたことが大きかったですね。また社長も理系っぽくなくて、柔らかな雰囲気だったので働きやすいのかなと感じました。
2018年9月に入社したそうですが、入社後はどのような研修を?
同期で入社したもう1名は、情報系を学んだ上でSEとしての勤務経験もありました。その彼と一緒に、外部の研修教育機関でプログラミングについて2カ月間学びました。
スタート時点からプログラミングの知識に差がついていると、大変だったのでは?
講師の方1名が私たち2名を指導するという、ほぼマンツーマンスタイルだったので、何でも聞くことができました。また同期もいろいろと教えてくれたので、苦労はしましたが基礎を身につけることができたと思います。

チームで官公庁のシステムを担当
社会のインフラに関わっていることを実感

RayArcでは様々なシステム開発に携わっていますが、三戸部さんは官公庁系のシステムを担当するチームに所属しているそうです。実際に、どのような業務を行っているのでしょうか。

社外での研修を終えてからは、どのように経験を積んだのですか?
まずは社内で会社が受注している業務を担当し、分からないことは先輩に相談しながらスキルを身につけていったんです。いわゆるOJTですね。それが4カ月ぐらい続きました。
現在はどのようなお仕事を担当しているのですか?
2019年の4月から、官公庁系のシステムを担当する部署へ異動しました。チーム全員で開発の取りまとめをしているシステム会社に常駐し、現在は開発の管理を主に担当しています。
官公庁のシステム、または他社に常駐して業務を行うことでの苦労はあるのでしょうか。
担当しているのは大規模なシステムですし、多くの会社が開発に参加しています。システム自体も古く、そこに微修正を加えていくという感じです。ですから、将来誰が修正を担当してもいいように、分かりやすいコードで書くことが大事だと思っています。
逆にやり甲斐や面白みは、どんなところに感じますか?
社会の根幹に触れられるところ! でしょうか。
根幹ですか?
現代社会って、どんな部分にもネットワークやコンピュータが関わっていますよね。その仕組みを知らずに暮らすこともできますが、知っていると現代社会の根幹となっている知識体系に触れることができる。そこに面白みを感じますね。

仕事で大切なことは他業界と同じ
文系出身者のニーズは今後高まるはず

現在の部署に異動して約半年。面白みと同時に、この仕事に欠かせない大切な部分も理解できるようになったという三戸部さん。徐々に見えてきた、今後の展望についても聞いてみました。

実際に働いてみて、システムエンジニアという仕事の大切な部分って、どこだと思いますか?
コードを書いて開発すること自体も大切なのですが、設計書や報告書といった関連書類をきっちりと仕上げることが大事なんです。私は現在システム管理を担当していて、報告書を作成しながら問題解決にあたっています。
そういう意味では、システム開発の仕事の中でも文系出身者が活躍する場面は多そうですね。
プログラマの仕事は将来AIに取って代わられる、なんて記事をよく目にしますよね。しかし、周囲とコミュニケーションを取り課題をクリアしていく業務は、システム開発でも欠かせません。むしろ文系出身者のニーズは、今後この業界でも高まっていくのではないでしょうか。
今後のキャリアパスについては、どのように考えていますか?
今は管理を担当していますが、やはりこの仕事はプログラミングの知識が基盤になります。そもそも文系出身で未経験という私は、技術的なスキルが足りているとは思っていません。どこかのタイミングで開発に戻りプログラミングの経験を積んで、また管理の仕事に戻ってきたいですね。
そうした将来の目標は、上司の方にも話しているのですか?
そうですね。面談などでも聞かれます。また、社員それぞれが自身のキャリアパスを言いやすい、そんな風土がある会社だと思います。

普段会えない同僚とも交流できる
そんな環境が整った会社です

現在は他社に常駐し、チーム以外のメンバーとはなかなか会う機会のない三戸部さん。そんな状況の三戸部さんでも様々な社員と交流を深められる、RayArc独自の機会が設けられているようです。

ちなみに、RayArcという会社の良さは、どんなところで感じますか?
風通しは結構いいと思いますよ。私が所属する部署は10名ぐらいで構成されているのですが、業務で様々な疑問が生じても、先輩たちが丁寧に教えてくれます。
チームのコミュニケーションも良さそうですね。
担当するシステムが大規模になるほど一人ひとりの成果は見えづらくなるのですが、それでもチームで取り組んだからこそできたという達成感があると思うんです。まだ今の仕事をリリースしていないのですが、完成が楽しみです。
社外に常駐していると、他の社員となかなか顔を合わせる機会がないのでは?
確かに他部署の人とはなかなか会えませんが、だからこそ月に1回、全社員が本社に戻る「帰社日」が設けられているんです。仕事の都合が付く社員が集まり、懇親会が行われます。そこでいろんな人の、いろんな仕事の話を聞くことができます。
ちなみに、研修終了後にも教育制度みたいなものはあるんですか?
入社2年目までの社員を対象とした「新人フォローアップ」という制度があります。それぞれの現在の業務などを報告し、理解を深めています。同世代の習熟度も分かるし結束も高まる。いい制度だと思います。
日頃は会えない同世代とも強い絆があるんですね。
弊社は忘年会を泊まりで行うのですが、そこでのイベント準備も同世代で行いました。ビンゴゲームでの番号発表を、人気のアプリを使った映像にしたり(笑)。そんなノリの良さも、この会社の良さかもしれません。

社長からの一言

株式会社RayArc
取締役社長 浅川 仁志さん

合同企業面談会で会ったときの受け答えなどから採用したいと思っていました。ただ、そのときはネコを被っていたのか(笑)、想像以上にコミュニケーション力が優れていますね。溶け込むのも早くて、三戸部という名字なので「イナゾーと呼んでください」と自己紹介の時にみんなの前で言ったりしていました。
システムエンジニア、プログラマは一日中パソコンに向かってカタカタとプログラムを書いているイメージがありますが、プログラムを書くのは業務の2割程度。業務の多くの時間を要件定義や設計の打合せ、各フェーズ毎のレビューに使います。弊社は、他社と合同でシステム開発を行うことも少なくありません。異なる企業風土の人たちと意見をすり合わせていくには、彼が持っているコミュニケーション力や調整能力が重要ですね。
RayArcには80名ほどの社員がいますが、文系と理系の比率は、ほぼ半々です。新卒採用がほとんどですが、彼のようにいい人材であれば中途でも採用したい。実際に他業種にいたけれどSEに興味を持ったという社員もいます。そういう熱意のある人と、ぜひ一緒に仕事をしたいですね。

取材してみて

文系出身でプログラミングは未経験。それでも「合同企業面談会」で出会った会社に魅力を感じ、入社した三戸部さん。最初は不安があったそうですが、現在は手応えを感じているようです。
「この業界は畑違いかも…」といった先入観を持たず、まずは話を聞くことはとっても重要。もちろんプログラミングの勉強を欠かさないなど努力もされているそうですが、文系出身の強みを活かしているなと、三戸部さんのお話を伺って感じました。

三戸部さんが入社を決めた記事がこちら!
時代のニーズに応えるリアルタイムシステムを提供
株式会社RayArc
ページトップ