U29中小企業de働く魅力発見事業

お問い合わせ

可能性を求めて
日本で就職活動に挑戦!

新宿区U29しごと図鑑で
就職した若者を追跡取材しました。

大企業ではないからこそ、
任せてもらえるというやり甲斐

イランペルマ・サチットさん
J-VPD株式会社

スリランカ出身のサチットさん。高校卒業後は自国の銀行に勤務したが、日本で働きたいと思い、来日。語学学校で日本語を学んだ後、専門学校でビジネスとITについて勉強。就活中に新宿区U29しごと図鑑主催のグローバル見学会に参加したことでJ-VPDと出会い、採用が決定。2019年4月に入社とまだ半年ながら、システム開発を任されるなど多忙な日々を送っている。

日本語を学び、ビジネスを学び、
そのスキルを活かしたい

主に海外に向けて医療ビジネスを展開しているJ-VPD株式会社。スリランカ出身のサチットさんは、どのような就職活動をして、どうやってJ-VPDの採用に至ったのかを伺いました。

なぜ日本で学び、働こうと思ったのですか?
以前からITに関することに興味がありました。日本は技術立国だし、スリランカの知り合いも「学ぶなら日本」と言っていたので、まずは日本の語学学校で学び、その後に専門学校でビジネスとITについて学びました。
J-VPDに興味を持ったきっかけは?
就活時に、新宿区U29しごと図鑑が開催したグローバルなビジネスを展開している会社の見学会があって、そこでJ-VPDのことを知りました。貿易とウェブを手がけていると知り、学んだことが役立つのではないかと思い志望しました。
業務内容は医療分野ということになりますが、サチットさんは専門的に学んだわけではないですよね。不安はありませんでしたか?
スリランカ語でも医療については理解していないのに、それを日本語で行うことには不安がありました。ただ、社長からもきっと多くの知識が身につくし、分からなければ助けるから大丈夫と言われて、チャレンジしようと決めました。
内定後はどのような研修を行ったのですか?
専門学校に通いながら、週に何日かアルバイトとして働きました。研修といえるのはその程度で、入社した4月からは社長や社員の皆さんに助けてもらいながら、他の社員と同じように、任された仕事に取り組んできました。

システム開発での頑張りが評価され
名称にも“sachith”の文字が

入社して約半年が過ぎたサチットさん。学んだITの知識と技術を活かして仕事をしているそうです。実際にはどのような業務を担当しているのでしょうか。

入社してから約半年。これまでどのようなお仕事を担当してきたのでしょうか?
主にネット関連ですね。まずはJ-VPDのホームページのリニューアルを担当しました。その後、インドの病院で使用されるシステムの開発を担当している最中です。
それはどんなシステムなのですか?
まず、インドの病院で検査をした内容を、日本で分析します。その結果をインドの人たちが簡単に見られるように、検査結果をスマホなどで確認できるようなシステムを開発しています。
そのシステムの、どんな部分を担当しているのですか?
全部です。アイデア出しからプログラミングまで、すべてを担当しています。もちろん社長にも逐次相談していますが。そもそも、このビジネスが始まるときに社長が担当したい人を募ったので、「やりたいです」と手を挙げたのです。
すごく前向きですね。
もちろん、いろいろな人に相談しながら業務を進めていますが、基本的には自分で全部考えています。このシステムのネーミングを決める際に社長が私の名前(sachith)を付けてくれて、とてもうれしかったです。
何だか会社のIT責任者のような仕事ぶりですね。でも、入社してまだ半年じゃないですか。普通なら研修を終えて、先輩の仕事を見て学んでいるような時期ですよね。
そういう意味でも、J-VPDを選んで良かったと思っています。

ビジネス仕様の日本語は大変
さらに敬語や専門用語にも悪戦苦闘

すでに大きな仕事を任されて、面白みを実感しているサチットさんですが、プレッシャーや苦労していることはないのかどうか、伺ってみました。

実際に働いてみて、「J-VPDを選んで良かった」と思える部分について教えてください。
やはり就職活動の当初は、大きな会社に目がいきました。J-VPDは決して大きくないけれど、ビジネスのスケールは大きいですよね。そして何より、新人の私にも大きな仕事を任せてくれる。もし大企業に入っていたら、こんなに短期間でこれほど多くの経験はできなかったと思います。
プレッシャーはないんですか?
ないとは言えませんが、難しいと思うことに挑戦すれば、自分の成長にもつながります。悩んだら社長にもすぐ相談できるので、頑張ることができます。
逆に、「これは大変だなぁ」と思う部分は?
やはり日本語ですね。語学学校へは通いましたが、そこで学べるのは日常会話レベル。ビジネスで使う日本語とは少し違いますし、敬語の使い方を覚えるのも大変です。
サチットさんの日本語は、十分に上手だと思いますが。
いえいえ(笑)。この仕事の場合、スリランカでも使ったことのない医療用語を日本語で使うわけですから、毎日が勉強です。学生時代もアルバイトが日本語の実践の場になっていたので、仕事を通してもっと上手な日本語を身につけていきたいですね。

医療以外でも活用できるシステム構築が目標
そのために、もっと勉強もしたい

サチットさんが日々前向きに仕事に取り組むことができるのも、働きやすい環境があるからこそ。社内の雰囲気や、オフィスのある新宿区曙橋についても伺ってみました。

サチットさんが感じる、J-VPDのいいところは?
みんな優しいし、分からないことがあっても、一から分かりやすく教えてもらえるので、本当に感謝しています。それに手がけているビジネスは社会に役立つ仕事なので、やり甲斐があります。
仕事の後に飲みに行ったりもするんですか?
私もお酒が飲めるので、金曜日の夜などはみんなで飲みに行くこともあります。また、私はまだスキーをしたことがないのですが、冬になったら行こうと誘われています。
スリランカのご両親は、日本で働くことに賛成なのですか?
銀行を辞めて日本に来ると決めたときは、反対されました。でも今は応援してくれています。日本に来てからまだ帰国したことはないのですが、Skypeで話をしています。いつかインドだけでなく、スリランカでもビジネスを展開できるようにしたいですね。
将来についてはどのように考えていますか?
ITについてもっと知識を深めて、会社のために貢献したいと思っています。医療分野以外にも活用できるような、汎用性の高いシステムを開発したいですね。そのために、できれば休日を利用して大学などにも通いたいと思っています。まだ社長には相談していませんが…。
ちなみに、働く場所としての曙橋、そして新宿区はいかがですか?
自宅から地下鉄で1本なので通いやすいです。私はまだ仕事で外出することは多くないのですが、クライアントとの打ち合わせなどでもアクセスがいいと思っています。もちろん、ランチや飲みに行くお店が多い点も魅力ですね。

社長からの一言

J-VPD株式会社
代表取締役社長 山田 哲児さん

J-VPDでは海外でビジネスを展開していることもあり、外国人を積極的に採用しています。日本企業の経営者の中には、外国人雇用に前向きでない方がまだまだ多いのですが、母国を離れ、海を越えて日本へやって来たという時点で、私の中で外国人労働者のポイントは高いですね。
彼の場合も仕事を任せると、こちらの要望以上のものを返してくれます。学ぶ意欲が強いので、医療分野の経験がないこともマイナスにはなりません。本人のレベル以上の仕事を任せるのは弊社の社風で、現状レベルの仕事をしているだけでは成長はないと思っているからです。そんなJ-VPDに、彼は非常にマッチしたということでしょうね。できればネットやシステム以外の分野にも挑戦してもらって、自身のスキルの幅を広げていってもらえればと思っています。
休日を利用して勉強したいということですが、大いに結構じゃないですか。金銭的に難しいようなら、会社も支援したいですね。

取材してみて

やる気のある人なら国籍を問わず採用したい。社長のそんな想いを強く感じたJ-VPD。新宿区は街を歩いていても、外国人の姿を見ない日がないほど国際的なエリア。日本で働きたいと思う外国人の方にとって、最適なエリアなのではないでしょうか。
また語学はもちろん、サチットさんのような積極性など、これから国際化を図る日本の企業にとって、海外の人たちのスキルを活用することは、非常に重要なのではないでしょうか。

サチットさんが入社を決めた記事がこちら!
医療分野で開発途上国を支援する、グローバルなビジネスが魅力
J-VPD株式会社
ページトップ